2019年度研究発表会・奨学生修了式

3月1日(日)に開催を予定していた2019年度研究発表会・奨学生修了式は、
新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、中止となりました。

本来であれば、当日卒団生一人一人に卒団証書が授与される予定でした。
卒団生にとっては、現役の服部奨学生として参加する最後の行事になり、
中止はとても残念でしたが、参加者の安全を第一に考えた結果、
このような形になりました。

服部国際奨学財団では、本件の中止対応として、
インターネット上での「バーチャル研究発表会・奨学生修了式」を開催しました。

研究発表会については、
2名の発表者にプレゼンテーションの動画の撮影をお願いし、
その動画を配信する形で奨学生全員に見てもらうことができました。

奨学生修了式に関しても、
卒団生一人一人からも集めたメッセージ動画を回収・配信し、
財団での思い出や将来への決意を語ってもらいました。
また、現役奨学生代表の挨拶についても同様に動画を配信し、
現役奨学生の想いを卒団生に届けることができました。

動画配信という形での実施を選んだことにより、
何度も見返すことができて良かったという声も聞くことができました。

同時開催を予定していた「哲学対話」については、
「哲学対話」に関する本を読んでもらい、
感想文を提出してもらう形での対応になりました。
※「哲学対話」の詳細については、後日のブログにて紹介致します。

当日は卒団生の皆さんと顔を合わせてお話することができませんでしたが、
財団事務所付近に住む一部の奨学生については、自ら挨拶に来てくれました。
お越しいただいた方々、ありがとうございました。


この春から社会人として活躍される皆さん、
引き続き勉強を続ける皆さん、
卒団生の今後を事務局員一同応援しています。
是非気軽に事務所に遊びに来てください。お待ちしています!