名古屋大学教養教育院学生ホール命名権契約を締結しました。

2019年9月24日(火)14時より
名古屋大学定例記者発表にて
公益財団法人服部国際奨学財団と国立大学法人名古屋大学は
名古屋大学教養教育院学生ホールの命名権契約を締結を発表しました。

新愛称は「服部国際奨学財団ホール」です。
命名権期間は令和元年10月1日より令和6年3月31日です。

「服部国際奨学財団ホール」となる現「全学教育棟 1 階学生ホール」は、
全学教育棟の入り口脇に位置しており、
名古屋大学に入学した 1・2 年生を中心とする約 4,000 名の学生が、
自主学習・食事・友人との談話など学生生活の
大半を過ごす場所として親しまれてきました。

多くの学生が利用するこのホールで、
一般向けに服部奨学金の説明会を開催したり、
名古屋大学に所属する現役の服部奨学生などによる
ホールの清掃ボランティア活動を行うことなどを
計画していきたいと考えています。

また、ホール内の掲示板を利用した、
服部奨学生の研究発表、服部奨学生グループ、
服部奨学生OB・OG会による進路相談会、就活セミナーなども開催し、
名古屋大学の学生の皆様に愛されるホールを目指していきます。

これらの活動により、名古屋大学の学生、
名古屋大学を訪れる他大学の学生、
名古屋大学への進学を志望する学生に向けて、
服部国際奨学財団の服部奨学金が広く認知されることを期待しています。

留学希望者親睦会を実施しました。

9月6日(金)に事務局にて第4回服部奨学生親睦会を実施しました。
奨学生同士の交流の機会として今年度から実施している親睦会ですが
今回は「留学を控えている奨学生・留学経験者」が集まる2度目の機会でした。

3名の奨学生が参加しました。

まず、自己紹介として、
・どの国にどんなことを経験しに行くのか
・自分が留学を通してどうなりたいか
を語ってもらいました。

また、留学を終えた奨学生には、
・留学を終えて自分がどう変わったか
ということに重点を置いて話をしてもらいました。

留学のきっかけについては、
・自身の研究を深めるため
・第3言語を学ぶため
・英語を集中的に学ぶため
などそれぞれに具体的な目標がありました。

その後、8月に開催された奈良・大阪研修旅行1班のパーティーでで実施した、
留学に関するプレゼンの映像を見ていただきました。

最後に不安に思っていることを共有し、
意見交換をしました。

留学を控えている・留学経験者という共通点を持って集まってもらい、
他の奨学生の話を聞いたり自分の意見を発表したりしたことで、
他の奨学生から良い刺激を受けたという声もありました。

以上、第4回服部奨学生親睦会についての報告でした。

皆さんの留学が充実したものになるよう応援しています。

株式会社ユー・エス・エス見学会について

本日は、株式会社ユー・エス・エス(USS)見学会について紹介します。

この行事を紹介するにあたって、
まずは服部財団の歴史を簡単に振り返ります。
服部国際奨学財団は、2008年11月に、
故服部太 株式会社ユー・エス・エス代表取締役会長により、
私財を投じて設立されました。
そして現在も、
服部財団の保有する株式会社ユー・エス・エスの株の配当金により、
服部財団は運営されており、奨学金にも充てられています。

株式会社ユー・エス・エス見学会では、
服部財団のルーツとなった中古自動車オークションの現場を、
実際に見て勉強をしてもらいます。
設立当初から奨学生を招いて実施している行事です。

直近では、6月14日に開催しました。
この日は留学生4名が参加してくれました。
総務課の方にご協力をいただき、説明を聞いた後、
見学をさせていただきました。

どの参加者も熱心に説明をメモしたり、質問したりしていました。
事前に創設者についての書籍「服部太物語」を読んだり、
インターネットでのリサーチをしたり、
熱心に事前準備をしてくれた奨学生もいました。

参加者全員が留学生だったということもあり、
「日本のビジネスを学びたい」という姿勢も見られました。

当日は、現場に足を運ぶことで企業のスケールを実感してもらったり、
多岐にわたる業務についても良く理解してもらえたのではないでしょうか。

次回は9月下旬の実施を予定しています。
参加される奨学生も、予定がない奨学生も、
服部財団のルーツについて今一度勉強してみてください。
【株式会社ユー・エス・エス website】https://www.ussnet.co.jp

【重要】エントリー受付終了まであとわずかです。

服部国際奨学財団よりお知らせです。

2020年度服部奨学金応募のエントリー受付終了は明日10日(火)です。

奨学金への応募を希望される方はプレエントリーの上、メルマガの案内に従って、WEBエントリーと必要書類の提出をお願いします。

研修旅行1班を開催しました。

研修旅行1班を開催しました。
8/27(火)~8/28(水)に研修旅行(1班)を開催しました。

今回の目的地は、奈良・大阪でした!
「日本の歴史や文化」をしっかりと感じていただける目的地です。

新大阪駅に集合後、まずは奈良・春日大社へ。
春日大社は「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されています。
バスを降りるとすぐにたくさんの鹿に出会いました。
小学校の修学旅行ぶりだった人も多いのではないでしょうか。。

春日大社に到着後、まずは御祈祷を受けました。
御祈祷では、巫女さんによる神楽奉納が直会殿で行われました。
直会殿は重要文化財に登録されています。

その後特別拝観をさせていただきました。
奈良の歴史や文化など、様々なお話をお聞かせいただきました。
春日大社は燈籠がたくさんあることで有名ですが、
なんとその数は3000基ほどとのことです。。!
最近寄進されたものもあれば、奈良時代に寄進されたものもあるとのことです。

春日大社を後にして、昼食は「菊水楼」へ。
明治24年創業の老舗料亭です。
建物は登録有形文化財に登録されています。

まずは理事長の挨拶から。

食事をしながら、それぞれのテーブルで交流を楽しんでいただきました。

その後は興福寺へ。

こちらも世界遺産で、国宝「阿修羅像」が有名です。
春日大社に引き続き、日本の歴史について勉強してもらいました。

その後は、興福寺を後にして、大阪に戻りました。
夜のパーティー会場は大阪城公園・MIRAIZA にあるレストランにて。

こちらの会場も、とても歴史ある建物です。
昭和天皇の即位を記念して昭和6年(1931年)市民の寄付により、
当時の金額にして150万円が集められ大阪城天守閣の再建、
大阪城公園の新設とあわせて、第四師団司令部として建設されたそうです。
戦後は、大阪市警視庁として、
またそのあとは大阪府警本部として使用されましたが、内部を改装し、
昭和35年から平成13年まで大阪市立博物館として使用されました。
ヨーロッパ風の外観も、モダンな内装もとても素敵でした。

学生ボランティアによる受付を済ませた後は、パーティー開始です!

役員による乾杯挨拶後、旅行運営のサポート役のボランティア自己紹介、
2名の奨学生による留学に関するプレゼンテーションと続きました。

役員による乾杯挨拶。


ボランティアによる自己紹介の様子。


留学についてのプレゼンテーションの様子①


留学についてのプレゼンテーションの様子②

ブッフェスタイルで交流していただきました。

そしてパーティーの目玉は芸人さんをお招きして行ったビンゴ大会!
10名の方々に翌日お使いいただけるUSJのチケットが当選しました!!
芸人さんのネタ披露もあり、とても盛り上がりました。
最後に締めのご挨拶を役員の方々からいただき、パーティーは終了となりました。

そして1日の締めくくりは、大阪城でのナイトウォーク体験「SAKUYALUMINA」でした。
幻想的な音や光と大阪城の自然が融合したエンターテイメントを楽しんでいただきました。

2日目は、黒門市場の散策から!
大阪市の中心部、ミナミにある商店街「黒門市場」。
全長が約580メートルもあるアーケード下には約150店舗が並んでいます。
朝食を食べた後ですが、大阪名物などを食べて楽しんでいただきました。

その後、船に乗船し「落語家と行く なにわ探検クルーズ」へ!
落語家さんから楽しいお話を聞きながらのクルージングでした。
乗船中は常に笑いが絶えませんでしたが、
大阪の街の歴史や文化の説明はとても勉強になりました。

最後の昼食は、「旧桜宮公会堂」にて。
こちらの建物は、明治天皇記念館として建てられた重厚感溢れる歴史的建築物です。
国指定の重要文化財であり、隣接する泉布観と共に 日本で最古の近代建築のひとつとされています。
140年ほどの歴史があるそうです。
レストランの方にマナーについてのレクチャーをしていただいた後、
美味しい昼食をいただきました。

昼食後、新大阪駅に戻り、無事研修旅行は終了しました。
日本の歴史や関西の笑いの文化の要素が詰まった行程でしたが、
楽しんでいただけたでしょうか?

2班の実施は11月です。
こちらも充実したものとなるように準備を進めて参ります。

WEBエントリー案内について

事務局よりお知らせです。

9月1日~9月10日までの服部奨学金エントリー期間中は、プレエントリーされた方全員を対象にWEBエントリー案内のメールを毎日夕方ごろ配信しています。

しかし、一部の方から正常に受信できないとの問い合わせをいただきました。

財団からのメールが正常に受信できているか今一度ご確認頂き、受信できていない場合は、迷惑メールフォルダ、受信設定の確認、プレエントリー時の入力アドレスの再確認、またはスマートフォンの再起動等を行ってください。

それでも受信できない場合は財団までお問い合わせをお願いします。

第2回服部奨学金アンケート受付終了のお知らせ

事務局よりお知らせです。

先日より実施しておりました、第2回服部奨学金アンケートの受付を終了いたしました。

今回も大変多くのご回答を頂き、ありがとうございました。
頂いた回答は今後の募集活動の参考にさせて頂きます。

また、回答頂いた方の中から抽選で文具セットと財団ロゴ入りペンを発送いたします。
本日発送いたしますので、お受け取りをお願いします。

服部奨学金エントリー受付期間は、9月1日~9月10日です。
必ず期間中にエントリーをお願い致します。

服部奨学金エントリー受付開始について

事務局よりお知らせです。

 

昨日9月1日より服部奨学金エントリー受付を開始しました。

プレエントリーされた方は、9月10日(火)までにWEBエントリーと必要書類の郵送をお願いします。

WEBエントリーの入力フォームは、プレエントリーをされた方にメールで特設ページのURLをお知らせしています。

ページ内の「2020年度服部奨学金エントリー」バナーリンクからWEBエントリー用の「服部奨学金 エントリーフォーム」にアクセスして頂き、必要事項の入力をお願いします。

 

プレエントリーされた方の中で、まだ該当のメールを受け取られていない方は財団までお知らせください。