留学生が日本文化を学ぶ研修として演歌を鑑賞しました。

1月26日(日)に留学生4名が日本文化を学ぶ研修として、
演歌コンサートを鑑賞してきました。

そのコンサートは愛知芸術劇場大ホールで開催された、
「令和にっぽん!演歌の夢まつり2020 名古屋公演」です。
有名な演歌歌手が多数出演している、とても豪華なコンサートです!

当日参加した奨学生に参加した理由を聞くと、
・単純に興味を持った。
・母国にも演歌のような音楽ジャンルがあり、違いが知りたかった。
・大学の先生がいつもカラオケで演歌を歌っているので興味を持った。
など様々でした。

コンサートでは、
日本人であれば誰もが知っている有名な曲を含め、
たくさんの名曲を鑑賞することができました。

終了後に奨学生に感想を尋ねると、
皆さんから「楽しかった」という声を聞くことができました。
三味線や尺八などの和楽器が演奏に使われていた点も、
留学生にとっては興味深かったようです。

引率した事務局員は日本人ですが、
生で演歌を鑑賞したのは初めての経験で、
和楽器の魅力や歌詞の奥深さなど新しい発見がたくさんありました。
演歌歌手の方々の歌唱力にも当然ながら圧倒されます。
日本人学生の皆さんも、一度演歌を聞いてみてはいかがでしょうか?
知っていると思っている自国の文化を改めて体験し直すことの大切さを、
改めて感じることができるかと思います。

コンサート終了後は、夕食懇親会を行いました。

奨学生の日頃の生活について、
母国と日本の学生生活における文化の違い、
就職活動や将来の話など、様々な話題で盛り上がりました。

奨学生同士の親睦を深めたり、
事務局として留学生の抱える不安や課題への理解を深めたりするために、
今後もこういった親睦会を継続的に実施していければと考えています。

参加した4名の皆さん、お疲れ様でした。
次の機会があれば、他の奨学生も是非積極に参加してください。

鶴舞中央図書館ボランティア活動

1月14日(火)に実施した鶴舞中央図書館ボランティア活動についての報告です。

11月・12月から引き続き、図書館屋外の清掃活動を行いました。
今回は大学1年生から大学院生まで幅広い年齢の学生9名が参加しました。

落ち葉の掃除に加え、建物周辺の剪定を主に行いました。
ボランティアの積極的な参加により、作業を大幅に進めることができました。

何度もこのボランティア活動に参加してくれている奨学生もいれば、
今回が初めての参加となる奨学生もたくさんいました。

奨学生同士は多くが初対面もしくは顔見知り程度という状態でしたが、
清掃という活動を通して、交流が深められたようです。

また、普段は勉強中心の生活をしている奨学生達にとっては、
野外での清掃活動が良いリフレッシュにもなったようです。

たくさんの奨学生から「楽しかった」という感想を聞くことができました。

清掃作業の後には館内のスペースをお借りし、奨学生同士の親睦を兼ねて、
今後の鶴舞中央図書館での活動について話うためのミーティングを行いました。

多くの奨学生が真剣に考え、積極的に意見を出してくれました。
奨学生からの貴重な意見は今後の活動にしっかりと反映していきます。

掃除やミーティングを経て打ち解けたあとは、
先輩後輩の間で就職活動に関する情報交換などする奨学生もいました。
服部財団の繋がりをしっかりと活かしながら充実した大学生活を過ごし、
その結果卒業後の将来がより良いものになることを願っています。

服部財団ではこのように、奨学生同士が集まる1つ1つの機会で、
奨学生同士の交流が少しでも活発になるような工夫をしています。
引き続き、奨学生のためになる行事の企画を行なっています。

現役奨学生やOBOGの方々で、
「このような企画をしてほしい!」という意見がありましたら、
是非事務局までご連絡ください。

新奨学生オリエンテーションを実施しました。

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

12月12日(木)に財団事務所にて実施いたしました
新奨学生オリエンテーションについてご紹介します。

今回のオリエンテーションには4名の新奨学生が参加し
現役奨学生2名と事務局員でお迎えしました。

まずは現役奨学生の目線から
・財団行事についての紹介
・奨学生としての心得について
などお話をしてもらい、その後歓談してもらいました。

趣味の話や地元の話で盛り上がる場面も見られ
早速親睦を深めてもらうことができたように思います。

参加してくれた現役奨学生のおふたりです。
ありがとうございました!

その後に事務局員から
・奨学生としての義務について
・年間行事について
など奨学生として知っておいてほしい事柄についてお話をしました。

服部財団を紹介する映像も見てもらい、
財団についての理解を深めてもらいました。

新奨学生に見てもらった映像をこちらにも掲載しますので、
見たことがない人は是非見てみてください!

2020年はどんな1年になるでしょうか。
奨学生やOBOGの皆さんにとって
実りのある1年となるようお祈りしています。

財団としても充実した1年となるよう
行事の企画等進めて参ります!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

鶴舞中央図書館ボランティア活動

11月・12月の鶴舞中央図書館ボランティア活動について報告を致します。
11月5日(火)・12月5日(木)の各月1度ずつ、
屋外での清掃ボランティアを実施致しました。

図書館のある鶴舞公園は豊かな木々に囲まれており、
秋には大量の落葉で図書館周辺が埋め尽くされます。

図書館周辺の掃除は常時職員の方々が行っていらっしゃいますが、
1日経つと落葉でいっぱいになってしまうそうです。

時間をかけてしっかりと清掃をし、すっきりと綺麗になりました。

12月の回については、
清掃が終わった後に図書館内の会議室をお借りして、
今後の鶴舞中央図書館での活動についてミーティングを行いました。

図書館の職員の方々にも加わっていただき、
有意義な意見交換をすることができました。

今後市民の方々に喜んでいただける活動ができるよう検討を続けて参ります。

服部財団OBOG会関東支部定例会を開催しました。

11月23日(土)にザ・プリンス さくらタワー東京(東京都港区)にて、
服部財団OBOG会 関東支部定例会を開催しました。

9月21日(土)に開催した関西支部定例会に引き続き、
公式行事としては2回目の開催でした。

今回は第1期から第9期までのOBOGが参加し、参加者は60名近くになりました。
OBOGの他にも、現役奨学生、大学ご担当者様にご参加いただきました。

第1部として行われた会議では、
OBOGの中から選出された代表2名より、
自己紹介を含めたプレゼンテーションが行われました。

また、事務局からもOBOG会発足に至った経緯についてお話しました。
財団ではこれまで奨学生相互の交流を図るために様々な行事を開催してきましたが、
OBOGの皆さんが参加できる機会は現役時代と比べると多くないため、
卒業後時間が経つにつれ連絡が取れなくなってしまうケースがありました。
この状況を変えるため、OBOG会は発足されました。
また、現役奨学生とOBOGとの交流がより活発になることも期待しています。
事務局としてのこのような想いを参加者の皆さんにお伝えいたしました。

来賓としてお越しいただいた大学関係者の方々からもご挨拶をいただき、
非常に貴重なご意見を頂戴することができました。

第2部として行われた交流会では、立食パーティーが行われました。
卒団してから初めての財団行事参加となる方もおり、
旧交を温めるとともに、近況や今後の目標などについても語り合いました。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました。
残念ながら当日ご参加頂けなかったOBOGの方々も、
別の機会のご参加をお待ちしています。

今後も卒団生は増え続けますが、
多くの卒団生に「財団ファミリー」の絆を感じていただけるように努めてまいります。

名古屋大学「服部国際奨学財団ホール」ガラスドア施工完了について

名古屋大学 全学教育棟本館1階の「服部国際奨学財団ホール」において
ガラスドアの施工が完了しましたのでご報告です。
ガラスドアに服部財団のロゴが入りました!

「服部国際奨学財団ホール」がより快適な空間になるよう、
今後も様々な取り組みを進めてまいります。

※名古屋大学との命名権契約の締結についてはこちらをご覧ください。

研究発表会及び懇親会を開催しました。

11/18(月)に研究発表会・懇親会を開催しました。

まず研究発表に入る前に、
3名の奨学生が財団行事に関する発表をしました。

鶴舞中央図書館ボランティアについて、
USS見学ツアーについて、研修旅行についての発表でした。

鶴舞中央図書館のボランティアとUSS見学ツアーについては、
有志で実施をしている財団行事であるため、
これをきっかけにより多くの奨学生に参加してもらえたらと思います。

研究発表では、2名の奨学生が発表しました。
自身の専攻分野について、日頃の研究成果を発表してもらいました。

質疑応答の時間では、発表を聞いていた奨学生から質問の手が挙がり、
発表内容の理解を深めることができました。

最後に、発表者2名には、
褒賞品としてMacbook Airが進呈されました。
発表者の皆さん、ありがとうございました。

研究発表会の後に、懇親会を実施しました。
各テーブルで奨学生・財団役員・財団事務局員が懇親を深めることができました。

研究発表会で発表していただいた登壇者の皆さん、
運営をサポートしてくれた奨学生ボランティアの皆さん、
ありがとうございました!

今後もこういった機会を設けていく予定です。
奨学生の皆さんには積極的な参加を期待しています!

研修旅行2班を開催しました。

11/16(土)~11/17(日)に研修旅行(2班)を開催しました。
※ 8月に実施された1班については、こちらをご覧ください。

今回の目的地は伊勢志摩でした!

伊勢志摩といえば・・・
日本人であれば一度は参拝したい伊勢神宮があることから
古くから人気の観光地ではありますが
2016年には賢島でG7伊勢志摩サミットが行われ
また今年は天皇陛下御即位もあり
近年益々話題になっている場所です。

2日間を通して伊勢志摩の歴史や文化をしっかり学んでいただき
日本人の持つ精神や宗教観についても考えてもらいました。

写真と共に紹介して参ります。

まず、近鉄の観光特急「しまかぜ」にて名古屋から賢島へ!

広いシートにゆったりと座りながら
また大きな窓から綺麗な景色を楽しみながら
快適な移動時間を過ごしました。

賢島駅についた後は早速昼食会場へ。
2016年に開催されたG7伊勢志摩サミットの会場として
首脳を迎えた志摩観光ホテル「ラ・メール ザ クラシック」にて
伊勢志摩サミットを記念したランチをいただきました。

新鮮な海の幸を使った美味しい料理に感動したという奨学生の声を
たくさん聞くことができました!

その後は横山展望台へ。

展望台の上から英虞湾の美しい景色を眺めることができました。

展望台を後にして鳥羽までバスを走らせ、海の博物館へ。
伊勢と海女さんの歴史や文化について講演を聞きました。

講演の後は、展示を見てさらに見聞を広めました。

旅館に到着してからはお楽しみの夕食です!
1班ではブッフェスタイルのパーティーでしたが
2班は旅館での宴会でした。

瀬田理事長の挨拶で宴会がスタートしました。

伊勢の伝統である磯部太鼓の演奏をお楽しみいただき

実際に奨学生も体験させてもらいました!

その後は、板前さんに宴会会場までお越しいただき
お刺身をさばく様子を披露していただきました!!

今回運営をサポートしてくれた奨学生ボランティアの自己紹介の後は
自由に歓談を楽しみました。

その後、2次会へ。
恒例のビンゴ大会で盛り上がり、

カラオケ大会へ!

宴会や2次会では普段話したことがない奨学生とも
交流をできたのではないでしょうか。

2日目は午前の研修会から始まりました。

まずは、奨学生からのプレゼンテーションから。
現役奨学生からの留学報告、

OBから現役奨学生へのメッセージと続きました。

質疑応答でも複数名から手が挙がり
とても充実した時間になりました。

評議員である青木先生には講評をいただきました。

奨学生からのプレゼンテーションの後は
【研修旅行としての「伊勢まいり」 〜日本人の精神文化に触れる〜】という演題で
理事である井出先生に講演をしていただきました。

日本人の精神文化や特有の宗教観についてのお話や
国際化が進む現代において日本人として大切なことなどを含めて
「伊勢まいり」についてのご説明をいただきました。


↑井出先生に質問をする奨学生。

研修会の後は昼食へ。
「神饌」を再現したお食事をいただきました。
「神饌(しんせん)」とは、御饌(みけ)とも言い、
祭事などで神様に献上するお食事の事だそうです。

昼食後はいよいよ伊勢神宮へ!

まずは、外宮から。
「お伊勢さん観光案内人」の説明を聞きながら、
約1時間かけて外宮を周りました。

翌週に天皇皇后両陛下の参拝を控えていたこともあり、
特別な気持ちで参拝をすることができました。

そして最後に、内宮参拝をし、おはらい町の散策を楽しみました。

こうして、無事に全ての行程を終えることができました。


↑復路のしまかぜにて。

奨学生の皆さんにとって有意義な旅行になったことを願っています!

【鶴舞中央図書館】寄贈図書を追加しました!

服部財団が命名権スポンサーを務める
名古屋市鶴舞中央図書館「学習室 supported by 服部国際奨学財団」に
新しく大学入試過去問を追加しました。
※「学習室 supported by 服部国際奨学財団」についての詳細はこちらから。

学習室を利用される皆さんの学習にお役立ていただくため、
既にたくさんの参考書や過去問を寄贈させていただいておりましたが、
先日新たに6冊の大学入試過去問を寄贈しました。

今回追加となったのは、下記の6冊の過去問です。
・愛知教育大学
・名古屋市立大学(経済学部・人文社会学部・芸術工学部・看護学部・総合生命理学部)
・名古屋市立大学(薬学部)
・名古屋市立大学(医学部)
・愛知県立大学
・名古屋工業大学

こちらの寄贈図書に関しては貸出ができませんので、
学習室でのご利用をお願い致します。

※その他寄贈図書については財団インスタグラムをご覧ください。
 財団インスタグラムアカウント:hattori_foundation

これから時期、過去問を使って受験勉強をする方は多いと思います。
是非「学習室 supported by 服部国際奨学財団」の寄贈図書をご活用ください。

株式会社ユー・エス・エス見学会を実施しました。

9月20日(金)、株式会社ユー・エス・エス(USS)見学会を実施しました。

イベント自体の概要説明については過去の投稿をこちらからご確認ください。

当日は同社の代表取締役社長でもある服部国際奨学財団 瀬田理事長が在籍していたため、
業務内容・自動車業界を取り巻く環境などについて
理事長から直接説明を受けることができました。


参加した服部奨学生と瀬田理事長。

また、見学会を行なった日は名古屋会場のオークション開催日でした。
1日で毎週1万台前後の中古車が出品されるそうで、
出品者駐車場は大型ショッピングモールさながらの車両が駐車されており、
車両検査など既に次週の準備に取り掛かっていました。


オークションに出品される自動車について説明を受ける奨学生。

オークション会場では、
数秒間のうちに次々と落札される慌ただしい流れを目の当たりにしながら、
担当者からオークションの一連の流れについてもご説明をいただきました。


オークション会場にてオークションの一連の流れについて説明を受ける奨学生。

参加した奨学生からは、
「いただいている奨学金のルーツを知れて良かった」
「自国にはなビジネスで興味深かった(留学生)」
などの声を聞くことができました。

今後もこの見学会を定期的に実施して参ります。

【株式会社ユー・エス・エス website】https://www.ussnet.co.jp