News

財団行事における「ボランティア」とは?

本日は財団行事実施を支える「ボランティア」についてご紹介いたします!

服部国際奨学財団が年間で様々な行事を実施していることは、
過去のブログでお伝えをさせていただきました。

その行事運営をサポートしているのが「ボランティア」の存在です。
行事実施他の度に、奨学生の中から数名の方々にお願いをして、
様々な場面での事務局のお手伝いをしていただいております。

例えば・・・
4月に実施された新奨学生オリエンテーションでは、
受付の補佐に入っていただいたり、
新奨学生のテーブルに加わってもらい、財団での先輩として、
新奨学生とコミュニケーションをとっていただいたりしました。

そのおかげでオリエンテーションはスムーズに、
また和やかな雰囲気の中で実施することができました。

そして、昨日は今週末の行事のお手伝いをいただく、
4名の奨学生との事前打合せを行いました。
今週末に実施をされる「新奨学生証書授与式・研究発表会」での
司会を務めていただきます。

新奨学生・現役奨学生・OBOG・財団関係者など150名以上が一堂に集まる重要なイベントですが、
その中で司会という大役を奨学生にお任せしております!

こちらから説明を行った後、
実際に読み合わせの練習をしていただきました。

みなさん真剣に取り組んでくださり、
スムーズに打合せを進められました。
4名のボランティアの方々ありがとうございました。

このように少し緊張感のある役割をお任せすることもありますが、
そのような役割を担うことを1つの機会として、
前向きに取り組んでいただき、
その経験の結果として少しでも達成感や自信を得てもらいたいという想いがあります。

また、このような機会にコミュニケーションが生まれ、
少しでもお互いを知る機会になればとも考えております。

いつもボランティアにご協力をいただいている奨学生の皆さん、
本当にありがとうございます。
今後も積極的なご協力を是非よろしくお願いいたします。

今週末に実施される財団行事「新奨学生証書授与式・研究発表会」については、
来週のブログにて内容をお伝えしたいと思います!

奨学生OBの結婚式に参列いたしました。

4月7日(日)に財団のOBである藤田雄紀さんの結婚式・披露宴が行われ、事務局から三浦が参列をさせていただきました。

藤田さんは大学卒業後、旭化成で研究職としてご活躍をされています。
欧州での学会発表など、グローバルな活躍をされています。

この日はご親族や恩師の方々の他、
たくさんのご友人がご参列され、
財団奨学生並びに卒業生からは9名が参列いたしました。

他の奨学生と共に藤田さんのお祝いをさせていただく機会をいただいたこと、
奨学生同士が卒業後もこうして良い絆で結ばれていることを、
事務局一同とても嬉しく感じております。

おふたりの素敵なお人柄が表れたとても良い時間でした。

藤田雄紀さん、奥様、本当におめでとうございました。
末永くお幸せに!

新奨学生オリエンテーションを実施しました。

4月21日(日)に新奨学生のためのオリエンテーションが開催されました。

新奨学生が初めて顔を合わせる機会でした。

オリエンテーションでは、事務手続きの他、

・服部財団の歴史について
・奨学生としての義務について
・年間行事について

など奨学生として知っていていただきたい重要事項を、
事務局からお話をさせていただきました。

新奨学生の皆さん、
しっかりとお話を聞いていただきありがとうございました。

また、学生同士の交流についても、本件の目的の1つです。
一人ずつの自己紹介タイムを設け、同期となるお互いのことを知っていただきました。

現役奨学生にもグループに入っていただき、
和気あいあいとした雰囲気で交流を深めていただき、
充実した1日となりました。

来月にはいよいよ証書授与式が行われます。
正式に財団の奨学生としてお迎えをする機会です。
こちらも充実したものとなるよう、
事務局一同準備を進めて参ります。

財団行事の紹介:研修旅行

前回に引き続き服部国際奨学財団の行事について紹介をします!

今回は行事の中から研修旅行について詳しくご紹介いたします。

服部財団では、年に2回、
国内1泊2日の研修旅行の実施をしています。

旅行というのは楽しいものですが、
ただ観光や食事が楽しいだけの旅行にならないよう、
毎年事務局にて想いを込めて、
企画・実施をしています。

その土地ならではの特別な経験を通して
気づきや学びを得てもらうこと

他の奨学生との交流を通して絆を作っていただくこと

を主な目的としています。

毎年2回実施をするうちのどちらか1回に
奨学生全員が参加していただくようお願いをしており、
1回につき、70〜80名が参加します。

毎年異なる土地を訪れ、
様々なコンテンツにて実施をしておりますが、
財団らしさが現れている実施例を下記にて紹介していきます。

「特別な経験」「交流」「日本文化・歴史」「気づきや学び」
などが重要なキーワードです!


★【京都】京都国立博物館での貸切観覧・貸切立食パーティー(2018年)

閉館後の京都国立博物館を貸し切り、

博物館スタッフによる講演会、
展示物の観覧、
立食パーティーを行いました。

講演会と展示にて美術について学習をしていただいた後に、
立食パーティーにて、
他の奨学生・OBOG・事務局との交流をしていただきました。

パーティーは博物館のロビーという特別なロケーションで行われ、
普段はなかなかできないような経験をしていただきました。

パーティー以外には、
能舞台での能体験、
お寺での座禅体験など、
体験を通して京都を存分に楽しんでいただきました。

こちら(過去のブログ記事)から詳細をご確認いただけます。



★【愛知岐阜】「チャンバラ合戦」でチームビルディング(2017年)

明治村の道場にてチャンバラ合戦を行いました。
チャンバラ合戦は企業にも採用されている、
チームビルディングのためのアクティビティです。

年齢・男女・国籍を問わず誰でも楽しめる
このチャンバラ合戦を通して
奨学生同士がより絆を深められれば・・・
という事務局の想いが込められています。
アクティビティは大盛り上がりでした!

アクティビティ終了後は、
明治村の自由散策でした。
重要文化財となっている建物の見学を通して、
歴史を感じていただきました。

この旅行が交流を促進するための手段であること、
楽しさだけではなく学びも必ず得てもらうことなど、
服部財団の研修旅行らしさがよく現れている一例です。

★【東京】夕食は屋形船で隅田川をクルージング、
日本庭園のあるホテルに宿泊(2016年)

ある年は屋形船でクルージングをしながら
夕食を食べていただきました。

東京というと日本中心で洗練された都会のイメージが強いですが、
屋形船からは普段とは違った東京を眺めることができました。

特別で貴重な経験ができたと大変好評でした。

宿泊先は美しい日本庭園が有名なホテルでした。
海外からの留学生が日本らしさを感じられるよう、
日本人学生も日本の良さを再発見してもらえるよう、
こういった工夫をしております。

以上が研修旅行についての紹介でした。

人生が豊かになるような体験をしていただきたいと考え、
想いを込めて企画・実施をしております。

もちろん今年も研修旅行を企画しておりますので、
奨学生の皆さんは楽しみにしていてください。

事務局一同も、皆さんとの交流を楽しみにしています!

服部財団の年間行事

すっかり春らしくなりました!

新年度ということで、こちらのブログでも、
先週から「服部財団の基本」についてご紹介をしております。

先週は服部財団の概要について歴史を含めて
ご紹介をさせていただきました。

今週は服部財団が大切にしている「行事」の実施について
大まかな年間スケジュール例をご紹介をさせていただきたいと思います。
※選考については後日詳しくご紹介させていただくため、
今回は除外をさせていただきます。今回のご紹介の範囲は、
「選考後に奨学生としてご参加いただく行事」に限定させていただきます。

★服部財団における「行事」とは?(前提)
服部財団がとても大切にしているのが、行事の実施です。
たくさんの行事を実施していることが、この財団の特徴とも言えます。
気づきや学びを得てもらうための機会、
他の奨学生と交流をしていただける機会を設けています。
「それらの機会を最大限に生かしてほしい」
「イベントをより有意義なものにしたい」という事務局の思いから、
奨学生の皆様には積極的なイベントへの参加をお願いしています。

奨学生の大学生活や、その後の人生を、
より充実したものにしてほしいという想いから
こういった行事を企画・実施しております。

★年間スケジュール例
※過去の実施実績に基づきご紹介いたします。
※今年度の確定スケジュールではございません。

~春~
オリエンテーション、奨学生証書授与式
※財団の奨学生としてお迎えする行事です。
事務連絡に加えて、奨学生としての心構えなどを事務局よりお話いたします。


※昨年の奨学生証書授与式での集合写真です。

~夏~
研修旅行1班
※1泊2日で研修旅行に参加していただきます。
観光・体験・研修を通して貴重な経験をしていただくとともに、
他の奨学生と交流をしていただきます。
(1班か2班のどちらかにご参加いただきます。)

~秋~
研修旅行2班
※1泊2日で研修旅行に参加していただきます。
観光・体験・研修を通して貴重な経験をしていただくとともに、
他の奨学生と交流をしていただきます。
(1班か2班のどちらかにご参加いただきます。)

※昨年度は京都で、能舞台での能体験・お寺での座禅体験などを行いました。

~冬~
就活セミナー、講演会
※就活に役立つセミナーや、著名人をお招きして講演会を行います。
奨学同士の交流が図れるよう、講演会とともに食事会を開催することもあります。

※2018年度は、登山家の三浦 雄一郎さんのお話を聞いていただく機会がありました。

~年間を通して~
研究発表会
※研究発表会は、年間を通して複数回行います。
毎回数名の奨学生にご協力いただき、
登壇してご自身の研究内容についてお話いただきます。
他の奨学生から刺激をもらう良い機会となっています。

その他、新しい企画も検討しております!
==========================
少し具体的なイメージをしていただけましたでしょうか?
服部財団は、経済的な支援を行うことのみ留まらず、
様々な形で奨学生の力になれるような存在でありたいと考えています。
現役の奨学生やOBOGの皆さんからは、
服部財団の行事に参加して貴重な経験ができた、
服部財団で生涯大切にしたい繋がりができた、
など嬉しい声を聞かせていただくこともあります!

以上が行事の年間スケジュール例のご紹介でしたが、
次回は上記の中から研修旅行を取り上げ、
より詳しくご紹介をさせていただきたいと思います。

昨年作成を致しました10周年記念動画もよろしければご覧ください。
前回のブログで紹介させていただいた財団の歴史、
財団の行事に関する奨学生の声など、
ブログの記事に関連する内容をご覧いただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

服部国際奨学財団の歴史

2019年度が始まりました!
本年度は皆様に財団について知っていただくため、
ブログをたくさん更新していく予定です!

継続してブログを更新していきますが、
2019年度の初回となる今回は・・・
「服部国際奨学財団とはどんな団体なのか。」
「服部国際奨学財団はどのようにしてできたのか。」
についてご紹介をさせていただきます。

服部国際奨学財団とは・・・?

月額10万円の給付型奨学金(返済不要)で、
国の認可を受けて大学生・大学院生を支援をしている公益財団法人です。

服部財団の活動は、学生への奨学金の給付による経済的な支援に留まりません。

就職活動に役立つセミナー、奨学生による研究発表会、
著名人をお招きして開催する講演会、1泊2日の研修旅行など、
学びの機会や、他の奨学生との交流の機会を多く設けています。

奨学生の大学生活や、その後の人生が充実したものとなることを願い、
夢に向かって努力を続ける学生を様々な方法で支援しています。

服部財団の奨学生になるためには、
毎年度実施をしている選考にて、
経済的な理由により志望大学への進学が困難であること、
服部財団の奨学生に適した人材であることが認められることが必要です。

※選考は大学受験を控えた国公立高校の3年生(現役生)、
大学生・大学院生を対象としています。
また、財団の指定する大学へ進学される方、
在籍されているの方が対象となります。
詳細はホームページをご確認ください。
【高校生の方】http://www.hattori-zaidan.or.jp/highschool/index.html
【大学生の方】http://www.hattori-zaidan.or.jp/university/index.html

※選考のフローや服部財団が求める人材像については、
今後ホームページやブログで順次詳細を掲載していく予定です。

★服部国際奨学財団の歴史

昨年2018年で10周年を迎えた服部財団の歴史を振り返ります。

2008年11月、
故服部太 株式会社ユー・エス・エス代表取締役会長により、
私財を投じて設立されました。

設立当初の目的は、
アジア諸国を中心とした諸外国からわが国の大学等に留学する優秀な学生に対し、
経済的な援助を行い、わが国と諸外国との友好親善に寄与することでした。

服部国際奨学財団の「国際」という言葉背景には、設立目的に関連がありました。

そして2012年8月、
財団法人から公益財団法人へ移行し、
日本人学生の支援を開始しました。

2014年度からは、
優秀でありながら経済的理由により就学困難な、
愛知・岐阜・三重県の国公立高校の高校生への大学進学支援を開始しました。

設立以降、設立者の思いを受け継いで学生への支援を続け、
2018年4月時点で、OBOGを含めた服部財団の奨学生は累計502名となりました。

現在も、たくさんの日本人学生・留学生が服部財団の支援を受けています。

※奨学生の声については、こちらから詳細をご覧ください。
http://www.hattori-zaidan.or.jp/dream/index.html


★2009年6月9日 第一回交流会にて
設立から約半年後の服部財団です。
当時の奨学生を交流会に招待し、
創設者服部太をはじめとする当財団の役員と交流していただきました。
この交流会は現在も研修旅行へと形を変えて毎年実施されています。
創設当初からずっと、服部財団は交流を大切にしています。


★2018年12月2日 研究発表会にて
現在の服部財団です。
昨年の研究発表会には約120名の奨学生が出席され、
6名の学生に自身の研究内容の発表をいただきました。
=====================
今回は、財団の基礎知識と言える部分をご紹介をさせていただきました。

財団の活動について、求める人材像について、選考について、
財団のことを知っていただけるよう今後も更新して参ります!

高校生向け奨学金 書類選考結果のお知らせ時期について

現在選考中の2019年度大学入学予定者への高校生向け奨学金の選考についてお知らせがあります。

書類選考結果通知を10月上旬頃に予定していましたが、想定以上に多くの応募を頂いたため、選考に時間が掛かっております。その為結果通知は10月中旬頃となります。

当初の予定より遅れてしまいご迷惑をお掛け致しますが、もうしばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
また、選考結果は合否に関わらず応募された全ての学生にメールにてお知らせします。

2018年度研修旅行第1班を開催しました。

2018年8月21日~22日にかけて、2018年度研修旅行第1班を開催しました。

1班の研修地は京都市です。到着したらまずは昼食の後、東山の散策を行いました。

陽射しは強かったですが、京都らしい町並みを見て回り、買い物を楽しみました。

 

続いては、河村能舞台での能見学を実施。

能面や衣装、舞台構造の意味等を女将さんに教えて頂き、実際に舞台の上で能特有の歩き方を体験しました。

また最後には能の実演をして頂きました。

能を見るのは初めてという学生が多かったため、とても有意義な時間になりました

 

夕方からは、京都国立博物館を借り切っての館内見学と立食パーティーを開催しました。

特に立食パーティーでは京都在住のOBOGの方にも出席して頂き、在学生の方と交流をして頂きました。

 

2日目は朝から研修会として哲学対話を実施しました。学生の皆さんには各グループに分かれてもらい、それぞれ違ったテーマで意見交換をして頂きました。

哲学対話は議論とは違います。他人の意見を否定しあうことなく、自分の思ったことを率直に話してもらい、『自分の頭で考える』ということに向き合ってもらいました。

 

お昼に京都名物の手をけ弁当を食べた後は、建仁寺の両足院を訪問。抹茶と和菓子を頂いた後は、坐禅体験を行いました。

夏でも涼しいお寺の中で、ゆっくり自分の心と体に向き合って貰い、今回の研修旅行は無事終了となりました。

高校生向け奨学金エントリー受付終了について

服部国際奨学財団事務局よりお知らせです。

9月18日(火)から受付けておりました高校生向け奨学金のエントリーは終了しました。

たくさんのご応募ありがとうございます。

これより審査を行い、その結果はメールにてお知らせしていきます。それまでしばらくお待ちください。

【重要】高校生向け奨学金エントリー期限延長について

服部国際奨学財団よりお知らせです。

現在エントリー受付を行っている高校生向け奨学金応募についてですが、郵便物の提出期限を9月30日(日)から10月1日(月)に延長し、同日の当日消印を有効とします。

これまで、提出期限は9月30日(日)としてきましたが、同日に台風24号が東海地方に最接近する為、郵便物の提出が出来ない、もしくは無理に提出しようとして被害を受ける可能性が考えられます。それを踏まえ、この度特例的に延長措置をとることにしました。

これから提出を予定している方は以上の事を考慮の上、必要書類の提出を行ってください。