2018年度研修旅行第1班を開催しました。

2018年8月21日~22日にかけて、2018年度研修旅行第1班を開催しました。

1班の研修地は京都市です。到着したらまずは昼食の後、東山の散策を行いました。

陽射しは強かったですが、京都らしい町並みを見て回り、買い物を楽しみました。

 

続いては、河村能舞台での能見学を実施。

能面や衣装、舞台構造の意味等を女将さんに教えて頂き、実際に舞台の上で能特有の歩き方を体験しました。

また最後には能の実演をして頂きました。

能を見るのは初めてという学生が多かったため、とても有意義な時間になりました

 

夕方からは、京都国立博物館を借り切っての館内見学と立食パーティーを開催しました。

特に立食パーティーでは京都在住のOBOGの方にも出席して頂き、在学生の方と交流をして頂きました。

 

2日目は朝から研修会として哲学対話を実施しました。学生の皆さんには各グループに分かれてもらい、それぞれ違ったテーマで意見交換をして頂きました。

哲学対話は議論とは違います。他人の意見を否定しあうことなく、自分の思ったことを率直に話してもらい、『自分の頭で考える』ということに向き合ってもらいました。

 

お昼に京都名物の手をけ弁当を食べた後は、建仁寺の両足院を訪問。抹茶と和菓子を頂いた後は、坐禅体験を行いました。

夏でも涼しいお寺の中で、ゆっくり自分の心と体に向き合って貰い、今回の研修旅行は無事終了となりました。